ボクはカマボコと旅に出る

セキスイハイムで注文住宅を経験。やっぱり家って楽しい!家のことから日常生活での出来事など、ぼく自身が楽しんでいるブログです。

契約後の打ち合わせでいろいろ変更

スポンサーリンク

f:id:CitronGreen:20151224152654j:plain

出典:セキスイハイム公式サイト

ぼくたちは契約後の打ち合わせで、

ところどころで家の仕様を変更しました。

変更したこと

  • ハイムBJからパルフェに変更
  • ラスティックタイルからレジデンスタイルに変更
  • バルコニーの庇延長

などです。

数々の打ち合わせを重ねた結果これ以外にもあったりしますが

だいたいこんな感じの変更を入れていきました。

 

ハイムBJからパルフェに変更した理由は主に2つです。

・レジデンスタイルを選択したかった

・バルコニーに屋根をつけたかった

 

 

外壁はあとからレジデンスタイルの魅力に惹かれ、

どうしてもレジデンスタイルにしたいということを営業Mさんに伝えると

「BJでは選択できないので…そこから変更頂くしか…」

とのこと。

f:id:CitronGreen:20151224152713j:plain

レジデンスタイル(出典:セキスイハイム公式サイト)

インテリアやエクステリア、

そしてキッチンなどはあとからリフォームでなんとかしようと思えば

なんとかできます(予算は必要になりますが)

 

でも外壁はそうはいきません。

やるにしてもかなりの労力と予算が必要になるはず。

 

また、バルコニーはもともとの間取りでも取り入れてありましたが、

ここに洗濯物を干す場合屋根がないことが気になりました。

もちろんあとからバルコニー用に屋根を設置することは可能ですが

どうせなら後付けではなく最初からそういう仕様にしておきたかったのです。

 

で、こちらもMさんに相談すると

パルフェなら庇延長という方法で似たようなことはできますね」

とのこと。

 

ぼくらが実現したいことを実現するためには、

パルフェへの変更がどうしても必要だったのです。

パルフェありきの話ではなく、

やりたいことをやろうとした結果変更せざるを得なかったわけです。

 

そもそもBJとパルフェでは何が違うのか、

そこからぼくたちはわかってませんでした。

レジデンスタイルをつけるにはパルフェにしなくちゃいけない

庇延長をするにはパルフェにしなくちゃいけない

それはわかりました。

 

なので違いについてきくと、

基本的な性能にはほとんど差が無いとのこと。

なのでBJからパルフェにしたからといって劇的に快適になるわけではないということです。

 

なのでどうしてもタイルがーとかでなければBJでも問題ないのではってことです。

もちろん細かく見ていくと色々違いはあるのかもしれませんが

間取りなどの希望をだしてみて結果BJでもその仕様が実現できるなら

OKってことなのではないかなと。

 

これから建てる方はそこいらへん営業さんにちゃんと確認したほうがいいです。

必要ないのに無駄にお金を払ってしまい、

あとから「必要なかったじゃん!」になるのは避けたいですからね。

 

なぜなら「BJベーシック割引」 という項目が消滅するからです。

ぼくたちの場合最初の見積にはこの項目があり、

数十万円の値引きになっていました。

 

これはある程度制約のある間取りを選ぶことで

価格を下げるという仕組みになっています。

「○○は選択できない」

「ここはこれらの中から選んでください」

といった具合に制限が入ってきます。

 

やりたい間取りがそこにひっかからない、

あるいは我慢できる範囲ということであれば

BJベーシック割引を受けてその分他の部分に予算を回すことができます。

 

なので全体の予算をみながら選択することをおすすめします。