ボクはカマボコと旅に出る

セキスイハイムで注文住宅を経験。やっぱり家って楽しい!家のことから日常生活での出来事など、ぼく自身が楽しんでいるブログです。

電気ガス併用かオール電化か

f:id:CitronGreen:20161006101532j:plain

去年の今頃はまだ家の打ち合わせをやっていたなあなんてことを考えたりします。まだ住み始めて1年経ってないですからね。でもこれくらいの時期になるとだいぶ打ち合わせも進んでいて、というよりほぼおわっていて土地も決まっていました。家を建てる土地で写真撮ったりしてたくらいです。「来年の今頃はここに住んでるねー」とかいいながら。

当初は太陽光発電にしても蓄電池にしても快適エアリーにしても、打ち合わせ場所となっていた住宅展示場だったり工場見学先でのブースが数少ない体感できる場所だったので、実際に住んでみてどれくらい実感できるものなのかわからなかったんですよね。だからどこまでセキスイハイムの設備を家に組み込むかは悩みどころでもあったわけですが、住んでみると外れはなかったと思います。

もしいまいちだったときにダメージが大きいので過度な期待はしないように注意していたのですが(失礼)、今では無しの生活は考えられないくらい日々の生活の中に溶け込み助けられてます。オール電化を選択した我が家は空調、料理、お風呂などなどあらゆるものがガスを使わない生活ですが気になるのは電気料金。

いくら太陽光パネルをのせているとはいえ、どれくらい電気代をまかなえるのかまったくもって不明。勿論シミュレーションはしてもらえますがあくまでシミュレーションですし、天気はどうなるかわかりませんからね。パネルをやめれば家具家電に使える費用も増えるのでとりあえずパネルもつけとくか的な軽い判断はできません。

これは多くの人が直面すると思います。おそらく太陽光パネルの提案はされることでしょう。そのときに「もとがとれるのか」と考える人も多いはず。金銭面から考えるとどれくらいでもとがとれるのか、まだ生活が始まったばかりなのでわかりませんが、我が家の場合、以前住んでいた家と比較すると断然助かってます。

前の家の電気代と今の家の電気代の比較(夏場ざっくり)

前の家ではだいたい夏場の電気代は12,000〜13,000円くらいでした。
これにガス代がプラスされますがまああわせても15,000〜20,000円くらいだったはず。

今の家では電気代は11,000円くらいですが、太陽光パネルの売電が15,000円くらいありました。よって電気代は0円どころか収入として4,000円くらい入ってきた計算になります。
ちなみにガス代でまかなっていた部分も全て電気になっているので、上記の電気代は前の家でいう(電気代+ガス代)となります。

快適エアリーがあまりに快適すぎて、調子にのったため、1Fだけでなく日中ほとんど踏み入れない2Fについても快適エアリーを(全ての部屋でないにしても)24時間ONの状態にしていました。

それでいてこの光熱費というのはぼくとしては目を疑うほどの数値で、感動しました。

これはセキスイハイムの機密性の高さと快適エアリーの高効率具合、そして太陽光パネルと蓄電池による電力の効果的な利用によるところが大きいはず。

セキスイハイムで検討しているかたは住む場所の太陽光パネルに期待できる発電量、これまでの生活でかかっていた光熱費との比較で電気ガス併用かオール電化かを考えるといいかもしれません。