ボクはカマボコと旅に出る

セキスイハイムで注文住宅を経験。やっぱり家って楽しい!家のことから日常生活での出来事など、ぼく自身が楽しんでいるブログです。

家選びは気力も大事

ども

ぼくが家を検討し始めたのは夏頃だったなあとか この季節になると思い出します

最初はまずは話だけでもって軽い感じだったのですが 実際に住宅展示場で打ち合わせとかしてみると

「いやあ やっぱ家はいいわ!」

とかになっちゃって 気力が高まっちゃうんですよね

でもこの気力が高まるかどうかってのがけっこう大事で これがないと途中で投げ出しかねないっていうね

だってすっげー色々あるんだもん

土地選びからして難しい

いざ決定しなさい!ってなると悩むでしょ普通

バスを生活に取り入れれば価格は下がるけど どうせならバスなしで徒歩圏内がいいとか

近くに買い物できたり ちょっと息抜きしたりできる施設がほしい とか

そんなん葛藤の連続ですわあ

それを超えた先に今度は注文住宅だと間取りの決定とかいって

設備の決定 インテリアの決定 エクステリアの決定 電気の位置は 電源の位置は個数は…

まだまだまだまだいっぱいあるわけですよ!

ハウスメーカーだってそもそも選ぶところからでしょ それぞれの特徴とか強みとかみて 自分たちの生活スタイルと照らし合わせて

ちなみにぼくたちはセキスイハイムにしたけど 全てにおいてセキスイハイムが最高なんてことはきっとないはず

その1つが 見た目の豪華さかなあって思うわけで

例えば同じくらいお金をかければすっごい豪華な家が建つハウスメーカーもあるんだよね実際

逆にいうと 同じくらいかけたのに「え?こんな感じ?え?まじで?」みたいなことになったりする

それは1つ1つの素材とか構造とか 色んな要素があるわけだけど 目に見えない部分にもコストがかかってるから

快適エアリーだって見えないし タイル外壁だって他にもっといろいろある 太陽光だって載せちゃえばほとんど見ることないし 鉄骨構造だって住んでる分には見えない

そういうところにお金がかかったとして 間取りや広さに反映されるわけじゃない

だからセキスイハイムで「おお!すげー!」って思えるようになるには かなりお金がかかったりする…

コストはかけたくないけど やっぱりせっかく家を建てるなら豪華な感じにしたい!っていう場合にはなかなか難しい

地震に強いとか住み始めてからの保証とか色々あるんだけど それってさっきも言ったように見えないからね 正直

セキスイハイムには価格帯によっていくつか選べる家の種類があるから そこをみて判断するってのもいいかもしれない

間取りや設備に制約を加えれば加えるだけ構造の強さは変わらずに価格を抑えることができる

制約が気にならない部分だったらラッキーって感じ

もしどうしてもここは譲れない!って部分が制約にはまっちゃうと 家の種類をランクアップしてそれを突破することになるんだけど それは豪華さとか自由さと引き替えにコストが大幅にアップしたり…

何を選んで何を諦めるかっていうのは家を検討する場合多々でてくる話

そういった難問をクリアするためにも さっき書いた気力が大事なんです!

では また!