ボクはカマボコと旅に出る

セキスイハイムで注文住宅を経験。やっぱり家って楽しい!家のことから日常生活での出来事など、ぼく自身が楽しんでいるブログです。

ラグ選びは高さも大事だと思うんだ

スポンサーリンク

f:id:CitronGreen:20170727121154p:plain 引用:ルンバ公式サイト

ども

もうすぐ夏休み時期じゃないですか

ひゃっほう!

翌日を気にせずにゆっくり過ごしたりできるのっていいよねー

さてさて

我が家ではまさにゆったり空間を増やすべく

最近洋室になっている1部屋にラグとローテーブルを置いてみた

ラグはけっこう大事で そもそもラグを敷くとホコリとかダニとか

そういうのが心配になったりするじゃないですか

で それを防ぐためにはこまめに掃除機かけるってなるんだけど

だったらもう敷かなくていいやって判断もあり得るわけで

そこはルンバにお願いしたい

めんどうなラグへの掃除機がけもルンバがやってくれるならへっちゃら

そのためには条件をクリアする必要がある

ルンバが乗り越えられる高さについて公式サイトにはこうある

床の段差は乗り越えられる? ルンバは、床に敷いたラグや敷居も2cm程度の低い段差なら軽々と乗り越え、スムーズに走行します。 ※部屋の形状や床の状態などにより異なります。

2センチ程度!これを超えてしまうとルンバにお願いできなくなる可能性が高い

そして 見落としちゃいけないのがここ

※部屋の形状や床の状態などにより異なります

気になったので公式に問合せてみたら(ルンバ980の場合)

ルンバは目で部屋を判断しているわけではないため

ラグへの進入角度によっては 2cm未満の段差であっても

乗り越えられない可能性があるとのこと

だからルンバに任せることを想定しているなら

ラグの厚さは余裕を持って選んだほうがいいかも

分厚いほうがふかふかで気持ちが良いけど あまり分厚かったり 毛足が長いものだと

ルンバがお掃除してくれない可能性がある

我が家の場合1.5センチくらいのものを選んでみたんだけど

毛足もほどよいためか 無事にルンバがお掃除してくれている

おかげで毎日裸足で乗っても非常に快適くつろぎライフだ

いやあ 多少分厚さを犠牲にしてもね この日々の手入れをある程度ルンバに任せられるってのは大きいと思うんですよ

せっかくそういうロボットがあるんだからね うん

ということでね ラグを選ぶときは高さも大事ってことでね

では また!