ボクはカマボコと旅に出る

セキスイハイムで注文住宅を経験。やっぱり家って楽しい!家のことから日常生活での出来事など、ぼく自身が楽しんでいるブログです。

ナイトミュージアムをいま再び まだ観たことないひとは是非

スポンサーリンク

ども

ぼくは映画を観に行くのが好きで 以前は気になる映画があると

放映開始と同時くらいに映画館に向かうってことをしてたんだけども

子供が生まれるとそうはいかない

子供にとっては内容のわからない映像が流れる薄暗い世界は退屈だったり 怖かったりするだろうし

無理矢理そんなところに連れてくわけにもいかない

泣き叫んだりしたらもっとかわいそうだし 周囲にも迷惑がかかる

そんなわけで 今はすっかりiPhoneで映画を観る生活になってしまった

でもまあ そんなに悪くない

そりゃあ映画館で観られるならそのほうがいいけど 観られないよりは観られるのだから随分助かるって話

画面も大きく 綺麗になった今のiPhoneなら 移動中とか寝る前とか ちょっとずつ観るのに最適

ということで(どういうことかわからないけど)映画のご紹介

ぼくがこれまで観た映画のなかでおすすめの1つの

「ナイトミュージアム」だ

f:id:CitronGreen:20170911095209j:plain

引用:iTunes

シリーズ続いたし けっこうメディアに出たりもしてたから知ってる人も多いのではなかろうか

「名前は知ってるけど 観たことはない」っていう人もいるかもしれない

であれば観て欲しい

ぜひとも観て欲しい

ちなみにぼくは「吹き替え派」

えー…まじかよおまえ…吹き替えかよ…って思う人もいると思うけど

基本ぼくは吹き替え派

以前は字幕派だったこともあった

やっぱり役者ご本人の声で ありのままの映画を楽しみたい!

そのためには字幕だ!吹き替えなど邪道だ!

なんてことを言っていた記憶がある

だけど やっぱり吹き替えは吹き替えでいい 安心感がある

自分が日常生活で使っている言語で 間で みんながしゃべってくれる

それが心地いい

英語がそのまま聞き取れて 自分の言語のように扱えるならそれがいいのだろうけど

残念ながらぼくにそのスキルはないんで 吹き替え

さてナイトミュージアムだけど こんなあらすじ

ニューヨークで暮らす失業中のラリー(ベン・スティラー)は前妻が(キム・レイヴァー)が再婚すると知り動揺する。愛する息子ニッキー(ジェイク・チェリー)とのきずなを保つために、ラリーは自然史博物館の深夜勤務の夜警員の仕事を引き受け、真夜中に警備を始める。ある夜、展示物が魔法を使ったように生き返り、ローマのグラディエーターやカウボーイたちがジオラマから飛び出して戦いを始め……。

要するに 博物館の警備をしていたら 夜中に展示物が動き出すっていう話

なんかありがちだけど 出てくる登場人物たちがみんな魅力的でやりとりとか含め

非常に面白い

ベン・スティラーがいいなあと思ったのもこの映画がきっかけ

シリーズは全部みたし LIFEも観た

やっぱりよかった

ナイトミュージアムシリーズの1作目であるこの映画を

ちょっと疲れてるときとか観てみるといいかも

では また!