ボクはカマボコと旅に出る

セキスイハイムで注文住宅を経験。やっぱり家って楽しい!家のことから日常生活での出来事など、ぼく自身が楽しんでいるブログです。

iPhoneでの音声チャットや音楽鑑賞にRAYZ Rally

スポンサーリンク

ども。

iPhoneで多人数で同時通話することってないですかね。

ぼくの場合だと仕事のとき以外に、ゲームするときとか使ったりしてますが。

前は文字によるチャットが主流で、それはそれで楽しかったんですが、

今はその場にみんながいるかのように会話しながら遊べるってことで、

音声チャット使うことが多いんですよ。

思えば便利な時代になりましたよねえ、通話料金とか気にせずに話せるだけじゃなく、

集団で会話できるっていうんですから。

文字によるチャットだって、一昔前はあれですよ。

通信量かかってましたらかね。テレホーダイとか駆使してちょっとでも安く使えないかとか考えてましたから。

つなぎ放題定額制が始まったときは、「時代がきた!」って喜びましたさあ、そりゃあもう。

そんなときから考えたら、「みんなで一緒に通話し放題」なんて夢みたい!素敵!

ただ、iPhoneで実際に音声チャットをする場合には不満点もあって…。

それはスピーカーが、もうちょっと聞き取りやすくならないかということ。

特に、会話になると音声のクリアさとか音量が大事になってくるから、

iPhone本体だけだと、ちょっと物足りないっていうね。

そこで検討した結果手に入れたのが、

パイオニアのRAYZ Rally!

f:id:CitronGreen:20171113174943p:plain 引用:公式サイト

これ、簡単に言うと、Lightning端子接続のスピーカー&マイク。

「え?いまどき有線?ありえなくねーださくねー」って思う人もいると思う。

だけども!あえての有線!

この割り切り方をしたパイオニアさんに、ぼくは感謝と喜びの拍手をしたい。

複数人での会話とか、ちょっとした音楽鑑賞とかをする場合、

必ずしも無線はいらないんですよ。

有線だからこその手軽さ、良さってのがある。

それはまさに、つないだらすぐ使えること。

Bluetooth接続ってたしかに便利、イヤフォンとか紐絡まないしさ、

歩きながらでも邪魔にならないし。

だけど、スピーカー&マイク、しかも音声チャットとかメインになると、

スピーカー側の電源入れて、Bluetooth接続されるの待って、使い終わったら時々スピーカーの充電して…ってのがめんどくちゃい。

電源入れれば自動的に接続になるとはいっても、不思議とめんどくさい。

つないだらいつでもそのまま使えて、終わったら抜くだけで終了っていう手軽さがストレスフリー。

こういう使い方に無線っていう概念は不要。

イヤフォンマイクだとやっぱりわずらわしいし、こっちも複数人だったりすると、

1つスピーカーとマイク置いて会話したほうが快適。

そういう意味で、RAYZ Rallyは素晴らしい。

スピーカーに期待して購入したんですが、思った以上にマイクもよかった!

会議を想定して開発されただけあって、ちょっと離れすぎかなあと思う位置からでも、ちゃんと音をひろってくれる。

相手の音声も、より明瞭になって聞き取りやすく、ボリュームも申し分ない感じに。

ゲームしながらの複数人の音声チャットにも、ばっちり対応できてるよ!

ちょっと掃除する間にBGMがほしいときとか、Bluetoothだと「それだけのためにめんどうだ…」ってなるけど、

これならOK。物理的につなぐだけだからね。

そんな用途がある人は、ぜひ検討してみてほしいです、はい。

では、また!