ボクはカマボコと旅に出る

ども!家電が大好きな毎日を過ごしています。新築戸建てを経験したのでそのときのことも、その後の日常生活についても書き書きしていこうと思います。どぞよろしく!

ボクはカマボコと旅に出る

デジヴァイスVを親子で楽しんでみたのでレビューする

スポンサーリンク

引用:公式サイト

最近子どもがデジモンのアニメを観はじめまして、ぼくも子どもの頃にデジモンっていうものの存在は知っていたのですが、今でもあるんですねデジモン!

アニメのなかで主人公は腕時計型のデバイスを使ってデジモンを具現化してバトルしたり事件を解決したりしていくっていうシナリオなんですが、タイトルが『デジモンゴーストゲーム』とうたっているだけあって、お化け的な事件が発生していく印象です。

さて、子どもがデジモンのなかで特に気に入ったのがこの「腕時計型デバイス」でして、正式名称をデジヴァイスというらしいです。

実際に購入できるように玩具として発売されていて、 「あーはいはい、そういう作戦ですか」 と思っていたのですが、色々調べてみるとただのおもちゃとして片付けてしまうには失礼なくらいな商品でしてびっくり。

うっかり子どもの買うつもりが、自分用にも買いまして親子で楽しんでいます。

活動とデジモン育成がリンクする

引用:公式サイト

いわゆるスマートウォッチ的な機能を持ってまして、歩数や心拍数を検知してくれます。そしてそれらを統合したものがバイタル値として蓄積されていきまして、デジモンが進化したり強化されたりしていくと。

すごくないですが、腕につけて普段通り生活しているだけで、デジモンが進化していくわけですよ。

日々、デジヴァイスからMissionというものが受けられまして、それは例えば「1日で5,000歩 歩け」だったり「バイタル値を500貯めろ」だったり、色々なんですが、クリアするとトロフィーがもらえます。

このトロフィーもどうやら進化に影響があるらしく、ある程度意識しておく必要があるっぽい。

NFCに近づけるとバトルができる

引用:公式サイト

これも面白いなと思ったんですが、自動販売機とか電子マネーを読み込むためのNFC機器って今やいろんなところにあるじゃないですか。

そこにこのデジヴァイスを近づけると反応してバトルが開始されるんですよ。自分が育成しているデジモンを戦わせられるってのがアツイ。

自動販売機とか見つけると、つい飲み物買うついでにバトルしたりしちゃいます。

バトルは勝率が蓄積されていくようになっていて、これも進化先に影響があるのだとか。

スマホと連携できる

引用:公式サイト

デジヴァイス単体でも上記のように楽しめるんですが、スマホアプリと連動することでさらに遊びの幅が広がります。

デジヴァイスからスマホに育成中のデジモンを転送して、アプリ経由でアリーナバトルなどに参加できるっていう!

スマホに転送されている間はデジヴァイス側にデジモンがいなくなって、再びスマホからデジヴァイスに戻すとまた表示されるっていう演出も実際にデジモンが往き来してる感が伝わっていいなあって思います。

まとめ

ぼくは子どもと一緒に身に着けているんですが、最初は同じ「ガンマモン」から始まったのに、それぞれ別の姿に進化していてお互いに見せ合って盛り上がったりしています。

もちろん、お互いのデジヴァイス同士を持ち寄ってバトルを楽しむこともできます!(VS Dimカードという付属のメモリカードを介してのバトル)

身に着けると普段よりも運動を意識するようになるので、日常生活に楽しみを加えながらちょっと運動も意識したいという人にもおすすめです。

アニメも放送開始されているのでそちらを観てみるのもいいかもしれません。