ボクはカマボコと旅に出る

セキスイハイムで注文住宅を経験。やっぱり家って楽しい!家のことから日常生活での出来事など、ぼく自身が楽しんでいるブログです。

家を建てるときは自分たちでもアクションを

スポンサーリンク

このブログを読んでくださっている方のなかには、
これから家を建てようと思っている人もいれば、
既にハウスメーカーも決めて打ち合わせに入っている方もいるのではないかと思います。

そういうときって自分の判断が間違っていないかとか、
間取りで失敗しないようにするにはどうしたらいいかとか、
いろんな心配がでてくるものです。

ぼくもそうでしたし、
そういうときは色々な方のブログをまわって情報を集めました。
正直ぼくのブログはまあ書き散らかしているので対象外ですが、
他の方のブログはできる限り読んだほうがいいです

ハウスメーカーにこだわらず、
とにかく「お家」関係のブログは手当たり次第に
自分たちでは気づけないようなこともそこで気づけたりしますし、
「おお!こういうのもいいじゃないの!」
という発見も少なくないからです。

また営業さんと打ち合わせを進めるなかでも、
自分たちで情報をまったく持たずに話を進めるよりも
ある程度情報を持った上で話を進めるほうが実に充実かつ有意義だからです。

もちろん営業さんもプロですから持てる力をできるだけ注いで住みやすい家にしようとしてくれるはずです。
でも「住みやすい家」というのは人それぞれ違うはず。
営業さんにとって住みやすい家でも、
実際に住むこちら側にとっては「もっとこうしたほうがいいかな」とかいくらでもあると思うんですよ。
だって生活スタイルとか好みとかも違うわけですから。

家なんて何度も購入するものでもないと思いますし、
だからこそいろいろな不安とか葛藤とかでてくるわけですよね。
営業さんに任せきりにするのではなく、
自分たちも可能なかぎり情報を仕入れてこだわりを詰め込んで、
その上で強度的にだとか、
造り的にだとか、
そういった「できる」「できない」という判断が入ってくるのではないかなと。

所詮プロではないぼくたちは素人ですから素人考えだけで突っ走るのも危険なわけで。
プロの方々のノウハウやアイデアももらいつつ、
自分たちの考えもまぜていく、
伝えていくっていうのが理想なのかなあと思うわけで。

1,000人いれば1,000通りの家があるわけですから、
世界でたった1つのこだわりの家が建つよう納得できる家造りになるよう頑張ってみてください。
楽しく頑張れた家は特に素晴らしい家だと思います。