ボクはカマボコと旅に出る

セキスイハイムで注文住宅を経験。やっぱり家って楽しい!家のことから日常生活での出来事など、ぼく自身が楽しんでいるブログです。

BGMがすっごくかっこよくて耳に残る! キャッチコピーは「世界を変えたければ、自ら境界を越えろ」

スポンサーリンク

ども

夏にはいろいろゲームがリリースされるわけで 実にアツイ季節であります

それは家庭用ゲーム機のみならず おそらくスマホでもそうでしょう

まさにゲームの季節!

今日はですね 新規リリースというわけではないんだけれども

ぜひとも遊んで頂きたいゲームを1つご紹介しようかなと!

すばらしきこのせかい

がそれ!

f:id:CitronGreen:20170703125100p:plain

もともと 2007年7月27日に発売されたニンテンドーDS用のゲームだったんだけど

これがスマホ版にリメイクされてるっていうね

ぼくは当時DSでこれをやってみてむちゃくちゃはまった

音楽もかっこよくて 耳に残る

思わずサントラも買ったくらい

その後スマホでリリースされたもんだから 懐かしさもあって即購入した

シナリオはこんな感じ

物語の舞台はシブヤ。主人公のネクはある日シブヤの雑踏で目覚めた。いつも通りに見えるシブヤの町並みだが、ネクはある異変に気がついた。それは周りの人達の考えていることが次々と頭の中に流れ込んでくるということ。この能力がどうして身に付いたのかは不明だが、気がついた時に手にしていたバッジと関係がある様子。戸惑うネクの元に不思議なメールが届く。その内容は、「ミッションをクリアしなければネクの存在が消える」という不条理なものだった。事態を理解する間もなく、タイムリミットが迫る。戸惑いながら行動を始めたネクは、シキという少女と出会う。彼女に言われるがままに、ひとまず協力しあうことになった彼らは、街にはびこる謎のバケモノ「ノイズ」を倒しながらシブヤを奔走する。果たして彼らは生き残ることができるのか―――。

シナリオにもある通り ゲームの舞台は渋谷

実際の渋谷みたいに オブジェとかもちゃんと再現されてる モヤイ像とか

それと戦闘は基本的に超能力というかサイキックで行う

装備は缶バッジみたいなのがあって このバッジによって使える超能力が変わってくる

バッジごとに「敵をスラッシュ」「空間をタップ」「画面をドラッグ」とか

違った操作でサイキックを発動するから

好みによって装備するバッジが変わってくるかも

だからこそ戦闘が飽きない

f:id:CitronGreen:20170703125949j:plain

シナリオも謎が徐々に解明されていくわけだけど 先が気になって ついつい遊び続けちゃうっていう

スマホだからちょっとした空き時間を使って進められるし

曲のかっこよさもそのまま! これはぜひともプレイしてほしいアプリ!

キャッチコピーは

世界を変えたければ、自ら境界を越えろ

これもゲームのシナリオに大きく関わってくるのでぜひとも味わって頂きたいなと

では また!